就業規則の作成・変更

就業規則とは

就業規則とは、労働者が会社で働く上で遵守すべき規律、また労働時間・休憩時間・休日・休暇・賃金・賞与・手当・退職・表彰・懲戒などの労働条件を具体的に定めた規則のことです。

労働基準法により最低限の労働条件が守られている労働者とは対照的に、経営者はその術を持ち得ないため、就業規則で労働条件や服務規律を明確に定めておく必要があります。

就業規則の作成義務

労働基準法第89条は、「常時10人以上の労働者を使用する使用者は、就業規則を作成し行政官庁に届けなければならない」と規定し、また90条にも、各事項について変更した場合にも同様の手続きが必要だと記載されています。

正社員、パートタイマー、アルバイトなど、年間平均10人以上の労働者を使用する経営者は必ず就業規則を作成しなければなりません。

就業規則の周知義務

労働基準法第106条は、「就業規則は常時各作業場の見やすい場所へ掲示し、又は備え付けること、書面を交付することその他の厚生労働省令で定める方法によって、労働者に周知させなければならない」と規定しています。なお周知をしていれば、各労働者が就業規則の内容を把握しているか否かに関係なく適用されます。

就業規則作成のメリット

会社側

  • 近年急増している労使間トラブルから会社を守り、訴訟リスクを軽減させることができる
  • 事業所内の秩序を維持し、効率的に企業活動を行うことができる
  • 経営者の理念、会社の方針などが明文化されるので、社員のモチベーションが向上し業績アップにつながる

労働者側

  • 労働条件が具体的に明示されることで、安心して業務に携わることができる
  • 就業規則作成には労働者代表による確認が必要なため、不当な扱いを受けることがなくなる

就業規則見直しの必要性

企業を取り巻く経営環境の変化に伴い、労使間で予測不能なトラブルが発生する可能性が高くなってきました。様々なリスクヘッジのため、就業規則の見直しを強くお勧めします。また、日々改正される労働関係法令にも対応しますので、ぜひ御社の就業規則を拝見させてください。

就業規則 料金表

就業規則の新規作成

就業規則の新規作成(本則+賃金規定) 160,000円~
育児介護規定の作成 20,000円
パートアルバイト規定の作成 30,000円
その他 20,000~30,000円

就業規則の改定

就業規則「本則」の改定 70,000円~
就業規則「賃金規定」の改定 30,000円~
パートアルバイト規定の改定 25,000円
その他 20,000円

業務内容 一覧へ戻る

ご相談・お問い合わせはお気軽にどうぞ

業務内容

博子先生の労務の教室

事務所案内

  • 葉月社会保険労務士事務所
  • 代表社会保険労務士:甲谷博子
  • 〒211-0005
  • 川崎市中原区新丸子町758-2
    クリオ武蔵小杉アーバンテラス1101
  • 電話:044-738-1067
  • FAX:044-738-1068
  • 営業時間:9:00~18:00

事務所案内の詳細

お問い合わせフォーム

社労士の役割